境内案内

主な建物 360°パノラマ空間で大善寺玉垂宮の境内をご覧になれます。
主な建物
360°パノラマ空間で大善寺玉垂宮の境内をご覧になれます。

佐野神(さやのかみ)

塞塞神(さえのかみ)「幸神」、岐神(さへのかみ)とも書きます。この神は猿田彦神に付会され、陰陽道の信仰と習合して種々の雑説がります。当地では陰陽の性器を神体と崇め、産の神、幸の神、妻の神として信仰され祈願者はその奉賛に男性の陰相を献ずる慣わしがあります。今なお子授け、安産、縁結び夫婦和合の神として根強い信仰があります。最近は幸をよぶ神として合格祈願や商売繁盛等の勝運祈願に訪れる人も多い。

佐野神

目の神様として知られるこの社は、もとは西小路区の氏神で下の境内にありました。生目八幡は、宮崎県の生目村(現宮崎市)にある神社から起こったもので、創建年代は明らかではありません。一説では平景清が平氏没落後、復讐の念を絶つために抉り取った両目を埋めて祠を建てたのが始めと伝えられます。

生目八幡宮(いきめはちまんぐう)

生目八幡宮(いきめはちまんぐう)

大善寺旧庫裡

明治2年(1869年)の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって大善寺は破却されましたが、鐘楼と阿弥陀堂及び庫裡(くり)が残されたことは珍しい事例です。特に、大善寺本坊庫裡は慶応2年(1866年)の建築で新しかったので残され、明治5年(1872年)に「宮本洋学校」の校舎とし三潴県に寄付されました。現在は、下の境内に移され、往時の大善寺を偲ばせる貴重な建物として、久留米市指定の重要文化財となっています。

大善寺旧庫裡

久留米藩主有馬氏により、天明元年(1781年)社前の霰側に架けられた神幸橋は、一本の石柱に支えられ、川が氾濫すると両岸に曳き寄せ流失に備えたという奇功を極めた造りで、「拔河曳橋(ばつかのひきはし)」と呼ばれた天下の名橋でした。

傘橋記念塔(からかさばしきねんとう)

傘橋記念塔(からかさばしきねんとう)
傘橋

その姿が一本の唐傘を開いた姿に似ていたので「傘橋」と名づけられましたが、惜しくも嘉永4年(1851年)の大洪水で流失しました。境内には当時の石柱が記念塔として残されています。

大善寺玉垂宮まで

アクセス

大善寺玉垂宮

〒830-0073
久留米市大善寺町宮本1463-1
TEL/FAX 0942-27-1887

> お問い合わせはこちら

西鉄天神大牟田線「大善寺駅」下車(徒歩5分)
JR「久留米駅」より西鉄バス(15)番利用、「宮前」バス停下車(徒歩3分)
JR「荒木駅」よりタクシー利用(約10分)
九州自動車道久留米ICより約40分

Copyright (C) Daizenji Tamataregu. 2015-. All rights reserved.